ホーム > 第2回全国公開模擬試験掲示板 > 返信フォーム

<< 第2回全国公開模擬試験掲示板 >>


[50] A-28
投稿者:鳩詐欺

解説の欄に上顎第二大臼歯に見られやすいとありますが、どれぐらいの頻度で見られるのでしょうか?参考文献などあれば教えていただきたいです。よろしくお願いします

2019/11/16 21:21


[67] Re: A-28 - 麻布デンタルアカデミー
ご質問ありがとうございます。

残念ながら、タウロドントの発生頻度に関する明確な数値が掲載されている成書は確認できませんでした。

一般的に、タウロドントの大半は下顎第一乳臼歯に発生するといわれており、その他は上下顎大臼歯にごく稀に発生するとされています。
また、Kleinfelter症候群ではタウロドントを伴うことがあり、こちらは上顎大臼歯部での発生が多いとされています。

以上より、タウロドントの好発部位は「下顎第一乳臼歯」と覚えていただいて結構ですが、Kleinfelter症候群に関連して「上顎大臼歯に発生することがある」と理解していただければと思います。
2019/11/22 11:27

No. Pass.

<< このトピックに返信する >>
名 前
E-MAIL
URL
タイトル
コメント
文字色
削除キー (記事編集時に必要となります)

クッキー保存